コテコテの土佐弁でつながる会話

ここ一年は新型コロナの影響で一切、旅行に行けず旅行好きな私には悶々とした一年でしたが、みなさんは今年の一年はどう過ごされましたでしょうか?♪

 

私は昨年7月に県外から地元四万十町へ帰ってきました。四万十町出身なので土地勘はありますが、方言に関しては別で、語学と同じように日常的に使わない方言は忘れているものもちらほら。

最近、土佐弁をあえて使い、クスクスと笑うことが多いので私の活動とは少し離れてコテコテの土佐弁をご紹介したいと思います◎

使ってみよう!コテコテの土佐弁

活動している地域の方と話す中で、私の中で眠っていたコテコテ土佐弁が蘇り始めました(笑)

みなさんはこんな言葉を聞いたことはありますか?

     げに/つばける/たいて/へんしも

コテコテ土佐弁が蘇ってきた私から説明しましょう!←コテコテ使いたいだけ(笑)

・げに:実に、実は

・つばける:浸す

・たいて:非常に、かなり

・へんしも:すぐに

どれも原型がないような意味になりますね(笑)

先ほど述べた土佐弁もそうですが、

「その歳でそんな土佐弁知っちゅうかよ~!」と地域の方から言われる言葉があります!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • だきな:だらしない、雑な(だきな性格やき、整理整頓ができん(だらしない性格なので、整理整頓ができない。)
  • つばかる:浸かる、漬かる[早う、風呂につばかって温もりや。(早く、風呂に浸って温まりや。)]
  • たごる:咳をする [えらいたごりゆうね(すごくせき込んでる)]
  • ちゃがまる:故障する、機械などが動作しなくなる[高速道路で、車がちゃがまって、ことうた。(高速道路で、車が故障して、酷い目にあった。)]
  • ぞんがい:思いの外~できない[入試は、ぞんがい難しかった。(入試は、思いの外難しかった。)]
  • いぬる:帰る [もうまあ、いぬるで!(もう少しで帰るで!)]

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

何気ない会話の中で使ってみると、方言が分かる者同士で使える会話表現は格段に面白く、より地域の一員になれるように感じます。

ぜひ四万十町、高知県に遊びに来られた際は、この方言を使ってみてくださいね♪

 

【お知らせ】

来月四月に四万十町のお酒と料理が飲み食べ比べできるイベント(その名も、「ひとくちフェス」)を開催します!

着任して初めてのイベント企画のため、慌ただしい毎日を過ごしておりますがイベントを一から作ることに楽しさ日々感じております♪ソフトドリンクも用意しておりますので、ハンドルキーパーの方も雰囲気を楽しみに来ていただければ嬉しいです◎

▼イベント情報▼

・日時:2021年4月10日(土)15:00~19:00

※雨天時は4月17日(土)へ変更

・開催場所:四万十町役場西庁舎イベント広場(窪川駅横)

・前売りチケット販売場所:四万十町役場にぎわい創出課(平日9:00~17:00)/ sou.town Hostel(平日17:00~19:00)

次回はこのイベント結果を報告も併せてしたいと思いますので楽しみにしていてくださいね◎

この記事を書いた隊員

松本優希
松本優希
四万十町出身ですが、大学・就職と県外で過ごしてきました。帰省する度に四万十町の商店街をさらに盛り上げたいと思い、地域おこし協力隊に応募。商店街を中心とした、子どもから大人まで活き活きして参加できるイベントを計画中。地元の方から頼られる協力隊を目指す。
Pocket

コメントを残す