私が地域おこし協力隊になった理由  私が地域おこし協力隊になった理由
未分類

私が地域おこし協力隊になった理由

こんにちは、十和地域担当の浦島です。

みなさん、『もう1月も終わり、早っ!!』と思われて
いるのではないでしょうか、私も同じくそう思っています。

さて、みなさん毎日86,400円を貰えるがその残金は
毎日没収されるとしたら86,400円を使い切ろうと
一生懸命になりませんか?

この『86,400』という数字、じつは1日を秒にしたものです。
1日は86,400秒となります。1秒を1円と考えると1日86,400円を
みなさん平等に手にしていることになります。

毎日、86,400円を使い切っています?
こう考えると1秒たりとも無駄にはできないなって思えますね。

そんな協力隊としての時間も2月末で1年が経とうとしております。
1年=30,758,400円をちゃんと使い切れただろか。。。
そんなことを思いながら、先日『6次産業化セミナー発表会』を
聞いてきました。

四万十町からは十和地域の大道地区より『味噌漬け豆腐』の
紹介がありました。発表者は同じ十和地域担当の井原隊員が
行いました。
①おかみさん市

6チームが参加しての発表会でしたが、それぞれ興味深い
発表ではありましたが身内贔屓を差し引いても
『味噌漬け豆腐』の事業はしっかりした事業のように感じました。

そんななか、最後に『味噌漬け豆腐』を作っているおかみさんたちの
穏やかな笑顔の写真で締め括られているのを見て
”自分はこんな笑顔がつづく社会に貢献したいと思い、
協力隊に応募したんだったな”って思い出すことができました。
おかみさん市②

あと残り63,072,000秒以上を無駄なく使い切りたいと思います。

この記事を書いた隊員

浦島卓也
浦島卓也
LINEで送る
はてなブックマーク - 私が地域おこし協力隊になった理由
Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す