第四次十和錦補完計画(第二回報告)  第四次十和錦補完計画(第二回報告)
未分類

第四次十和錦補完計画(第二回報告)

こんにちは、十和地域担当の浦島です。

皆さん、『百姓』というと『お百姓さん』というイメージから
米や野菜を作る人=農家を想像しませんか。
ただ【百個の姓(仕事)をもつ=百姓】となったという説もあるようです。

今回は第四次十和錦補完計画の第二回報告として
我々協力隊の田んぼがある十和広瀬地区にて
出役である『イデ掃除』を行いましたので報告します。

出役とは地域のみなさんで公共の仕事(そうじ等)を行うことで
今回は田んぼに水を引き込む『イデ』を地域のみなさんと掃除しました。

<イデ掃除中のみなさん>

<サボっているわけではない熊澤隊員と私>

私は今年がお米作り2年目ですが、
田んぼに水が引かれる光景は何度見ても感動的です。

現代は経済性を重視して【分業化】が進んでいますが、
これからの時代求められる人材は『米も作る』『野菜も作る』
『木も切る』『獲物も獲る』を行っていた『お百姓』型の生き方が
必要なのかもしれません。


<立派な”お百姓”を目指して>

この記事を書いた隊員

浦島卓也
浦島卓也
LINEで送る
はてなブックマーク - 第四次十和錦補完計画(第二回報告)
Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す