秋の神祭  秋の神祭
ブログ, 活動報告

秋の神祭

みなさんこんにちは!

野地(のじ)・家地川(いえぢがわ)地区担当の加瀬茉由(かせまゆ)です(^0^)/

もう朝晩すっかり寒くなりました。。

冬ですね。。身にお肉が付く季節・・・

 

さてさて話題は日をさかのぼり先週のこと。

毎年恒例、秋の神祭の季節になりました。

 

 

神祭の日はそれぞれの集落で違いますが、毎年同じ日に行われます。

私の担当地区の2集落は、神祭が1日違いで・・

家地川・・・10月31日

野地 ・・・11月 1日

毎年この2日間は、お昼からお宮で食べて飲んで踊るのです(^-^;

 

 

全地区ではないようですが、神祭といえば「花取り踊り」が有名です。

太鼓が鳴り響き、太刀を持って、昔から受け継がれた地区それぞれの踊りを披露します。

 

野地と家地川では10番まで歌があり、おんちゃんが太鼓をたたき、おんちゃんが歌い、子供たちが踊ります。

歌の歌詞は同じですが音程が違います。そしてなにより踊りも若干違います。

両地区神祭前、決められた日の夜に集会所に集まり練習を重ねました。

神祭当日、みんな上手に踊れました。

※私も踊り子だったため写真がありません。。

立西地区は集落の神祭が終わっても、川口小学校の収穫祭で各地区の花取り踊りを披露します。

 

 

そしてそして、お祭りといえば、

私が千葉から引っ越して思ったこと。

 

「なんでこんなに餅投げるんだ。」

 

 

イベントやお祭り、新しい建物ができたとき。

絶対と言って良い程にお餅を投げるこの四万十町。←四万十町が!なのか、西部地区が!なのか、高知県が!なのか・・。

神祭のフィナーレも餅投げです(^◇^)

みんなあんなにたくさん拾って、本当に食べているのだろうか・・。

冷凍庫に拾ったお餅を集めるのが趣味なのか・・。(私)

けれどやっぱり、さすがお米の町だな♪と思います。

 

昔からずっと続く地域の行事。

私の生まれ育ったところではやったことのないことばかりです。

どんどん時代が変化し、今では人工知能(AI)などもある時代。

それでも昔から伝わる伝統行事を続けていくということは

本当に素晴らしいことだなと改めて感じました。

 

神祭が無事終わり、花取り踊りの練習もなくなりましたが

四万十町はイベントシーズン!

今週末は台地まつりでよさこいを踊ります。

身にお肉がつかないように全力で楽しみながら踊ります♪笑

 

 

 

LINEで送る
はてなブックマーク - 秋の神祭
Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す