竹でモルック

 

先日、ふるさと交流センターで「竹でモルック」というイベントを行いました。

モルックとは、フィンランドの伝統的なゲームを元に、

老若男女が楽しめるものとして考えられたアウトドアスポーツです。

本来は、木製のものですが、四万十町に溢れる竹を有効活用して作ってみました。

ルールはとても簡単。数字の書かれたピンに向かって、モルックと言われる棒を投げます。

複数本倒れたら、倒れた本数がそのまま点数になり、

一本しか倒れなかったら、そのピンに書かれた数字が点数になります。

飛ばされたピンは、その場に立て直します。

チームに分かれて順に投げ、先に50点ピッタリになったチームが勝ちです。

 

当日は、天候に恵まれ、参加者の方々から、

「楽しい!」という声を多くいただいてとてもうれしかったです。

コーヒーとソフトドリンクの販売もしていただきました。

夜は、竹で作った灯篭でライトアップ。とてもきれいな景色でした。

 

今後も、竹を有効活用して様々な活動をしていきたいと思います。

 

この記事を書いた隊員

大橋 紗也
大橋 紗也
生まれも育ちも東京だったため田舎暮らしに憧れ、大学卒業を機に地域おこし協力隊になることを決意しました。様々な地域を検討している中で自然豊かな四万十町に魅力を感じ、ここでゼロから始めていこうと応募に至りました。まずは地域を知り、多くの人と関わり、自分にできることを見つけていきます。
Pocket

コメントを残す