第四次十和錦補完計画(積小為大)  第四次十和錦補完計画(積小為大)
ブログ, 活動報告, 自然

第四次十和錦補完計画(積小為大)

こんにちは、十和地域担当の浦島です。
久しぶりの投稿となります。

すっかり夏の暑さも遠退いていき、過ごしやすい毎日が
続く十和地域です。うっかり布団を蹴り飛ばしていると
朝 寒さで目を覚まします。もう秋ですね。すこし寂しい気がします。
まあ、人間 我儘なものなのです。

と秋になると【収穫の秋】ということで先日 協力隊田んぼでも
稲刈りをしてきました。

”実るほど頭垂れる稲穂かな”

それほど大きな田んぼではないのですが十和の協力隊メンバーで
稲刈りをしていると自分ひとり ヘタっていました、、、

『自分もついに体力が落ちてくる年齢に差し掛かったのか、、、』と
ひとり寂しい気持ちでした、、、

<稲刈りの終わった田んぼ>

ただお米作りを通じて二宮尊徳(歩き読書をする金次郎さんですね)の言葉で<積小為大>という言葉が
ピッタリと心に沁みました。
これは「コツコツやり続けることが、やがて大きなものとなり、成果を生む」という言葉らしいです。
(全文は末尾に掲載しておきます)

まだ”脱穀”という作業が残っておりますが、ひとまず”一休み”です。

いつか花咲かせたいものです。

『積小為大』(全文)
大事を為さむと欲せば、小なる事を怠らず勤むべし
小積もりて大となればなり
およそ小人の常、大なる事を欲して小なる事を怠り
出来難き事を憂いて 出来易き事を勤めず
それゆえ終に 大なる事をなすこと能わず
たとえば、百万石の米といえども、粒の大なるにあらず

この記事を書いた隊員

浦島卓也
浦島卓也
LINEで送る
はてなブックマーク - 第四次十和錦補完計画(積小為大)
Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す