第1回竹でつくるバウムクーヘン❕❗

2021年5月22日土曜日に第一回竹でつくるバウムクーヘン』のイベントを開催しました。

 

「四万十川でイベントをしたい!!」と思い、地域おこし協力隊になってから11ヵ月、ようやく自身初のイベントを開催することができました😋

 

準備期間

思えば長かった日々・・・😅

 

お菓子作り初心者の僕がネットでレシピを調べて生地の試作👨‍🍳

生地が膨らまなかったり、膨らみ過ぎたりと失敗しながら何度も生地を作りました💦

 

イベント周知もこれが初めてでどうしたら良いのか分からず、最初は応募が全然ありませんでした😫

同じ地域おこし協力隊メンバーにも協力して声をかけてもらい、なんとか参加者を集めることができました✨

 

また、道具の準備では何が必要なのか?準備はこれだけで良いのか?薪の量は足りるのか?と、開催の直前まで心配が絶えませんでした😟

           生地づくり練習中
竹の調達

開催当日

予想外に梅雨入りが早く、雨も心配していましたが、当日は見事に晴れました☀️

 

午前中に会場準備、今回は大正のリバーパーク轟で行いました🍃

定員10組の中、6組の親子が参加してくれました(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

「ありがた~い😂😂😂」

 

バウムクーヘンは、竹に生地をかけて、焼き上げる作業を何度も繰り返してつくります🔥

説明はタジタジでしたが、参加者に楽しんで体験していただけました🎵

 

焼いていると、子供たちの顔つきが変わり、職人に見えました👀

 

 

出来上がったバウムクーヘンを食べて「美味しい。」と笑顔で言ってくれたのが、最高に嬉しかったです😆

頑張ってイベントを開いた甲斐がありました✨

 

これから

今回は初めての主催のイベントで分からないことが多く、反省点も多くありました😓

今後はこの反省を生かして、より良いイベントを開催していき、四万十川の利用者や観光客の増加に繋げていきたいです💫

 

竹でつくるバウムクーヘンに関しては、規模を拡大して、2回目3回目と開催していくことを考えています❗

これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

この記事を書いた隊員

鳥海竜飛
鳥海竜飛
中学生の時にドラマ「遅咲きのヒマワリ」を見て、心を打たれ都立高校に入学後、地域おこし協力隊を志す。協力隊の募集を探すなかで、四国見学に来た際に四万十町の人と自然に巡り合い、応募を決意。この場所で自分の存在意義を示すため、日々全力で生きています。
Pocket

コメントを残す