夏と四万十川と私

みなさん、こんにちは🎶

「四万十川の川遊びインストラクターと観光振興」のミッションを務めております、

四万十町地域おこし協力隊の鳥海です。

 

今年の夏はいかがお過ごしでしょうか❓

気温30℃越えが続く中、私はほとんど四万十川か自宅で過ごしております。

四万十町に来てから、初めての夏🌞

去年までとは少し違う夏に、胸が高鳴っています(*’ω’*)

 

協力隊の活動では、川漁を学んでいます。

投げ網、コロバシ、鰻釣り、延縄、火振り漁と初めて体験することばかりです。

投げ網をやり始めて1カ月ちょっと、、、

最初は網が全然広がらず絡まってしまい、解くのに10分くらいかかっていたのが、ようやく絡まらずに投げられるようになりました。

鮎も少しずつですが獲れるようになり、自身の成長を感じています!

当面は「年内に鮎250匹以上、投げ網で獲る💪」ということを目標に、頑張っていきます。

火振り漁も行っています🔥

初めて、火振り漁の手伝いをさせていただいた時は、引き上げる網にかかった、大漁の鮎に驚きが隠せませんでした!!

やはり火振り漁は、木船に松明。

風情があり、見応えたっぷりで、一度は見ていただきたい四万十川の伝統漁法です✨

 

川漁含めて、四万十町の知らないこと・分からないことがいっぱいあります。

これから少しでも多くのことを学び、四万十町をもっともっと好きになっていきたいです❕

 

ご精読ありがとうございました🙇

この記事を書いた隊員

鳥海竜飛
鳥海竜飛
中学生の時にドラマ「遅咲きのヒマワリ」を見て、心を打たれ都立高校に入学後、地域おこし協力隊を志す。協力隊の募集を探すなかで、四国見学に来た際に四万十町の人と自然に巡り合い、応募を決意。この場所で自分の存在意義を示すため、日々全力で生きています。
Pocket

コメントを残す