初めてにしては良い感じに⁉︎

つい先日このコロナ禍の中で何か楽しい事が出来ないかと思いクリスマスランチ会を計画して準備を進めていたんですが、感染レベルの引き上げで中止にせざる終えませんでした。とはいえ自分発信でこんな事をするのはなかなか無いですし、このまま中止にするのはちょっと心残りになるのでランチボックスという形で提供する事にしました。

里芋ニョッキとクリームスープ
正直テイクアウトみたいな事はやったことなかったんで少々心配ではありましたが、こんな感じで他の隊員にも手伝ってもらいながらなんとか形にする事が出来ました。久々のコックコートは気合入るけど空回りしてる感は否めなかったですね笑
自分のキャパが狭いので一部の人にしか提供出来ませんでしたが、喜んでいただけたのでやって良かったと思う一方で次回のハードルが上がってしまったんじゃないかと心配でもあります笑

この記事を書いた隊員

中川 祐也
中川 祐也
高校卒業後、関東に移り運送業に3年間従事。その後、興味のあった飲食業に10年間従事し、メニュー開発などで様々な食材を扱っていくなか、いつかは自分で育てた食材を調理してみたいという思いが芽生える。そんな時に四万十町の地域おこし協力隊での農業関係の話をいただき応募。高収益作物の生姜を栽培しながら、四万十町での就農を目指す。
Pocket

カテゴリー:

コメントを残す