協力隊3年目を迎えて

こんにちは。十和地域担当の浦島です。

「南国高知」サギと思われる厳しい冬が過ぎ、
桜も咲き乱れ、春の様相を日々増す十和です。
もう少しすると「こいのぼりの川渡し」が始まり、
お茶摘みが始まります。

先日、そんな四万十町を6名の協力隊員が卒業することに
なりました(うち2名は4月中継続任期ですが)。

四万十町には”窪川地区””大正地区””十和地区”と3つあり、
それぞれ2名づつ、今回卒業することになりました。
窪川の協力隊員は”農家経営””ゲストハウス経営”
大正の協力隊員は”移動動物園””ゲストハウス経営”
十和の協力隊員は”鍛冶屋””地元での就職”
とそれぞれの道を進むことになりました。
また機会がございましたら、ここでも取り上げさせて
頂きたいと存じます。

そんな卒業生の背中を見ている間に、
私も協力隊3年目を迎えることになりました。
着任した当初は、3年間 時間あるなと思っていました。
そんな私も来年2月末をもって協力隊任期を満了する身になりました。

最終年度としては、いろいろな意味で”卒業”しなければならないものが
立て込んでいて非常に忙しい1年になりそうです。

ただ周囲になんと言われようと会社を辞め協力隊になる際に
もった志にはブレずに、この一年間を走り抜けたいと思います。
個々の活動については、またここでお話できればと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。