ビッグ生物 その①  ビッグ生物 その①
自然

ビッグ生物 その①

こんにちは、鍛冶屋見習いの菊池です。

南国高知、南の生物はデカい!シリーズ第一弾。

四万十町に来てびっくりしましたよ~。

 

昨年はたくさん出てきたのに、今年は一度も見ない生物がいます。

心配です!

 

西日本に住んでる人は知ってる人がいると思いますが、 東日本の神奈川出身の私としては見慣れない生物です。

見たことない人はびっくりすると思います。興奮しますよ!


ミミズです!が、ビッグミミズです。デカい!
調べるとそれは、日本最大のシーボルトミミズと言うそうです。


昨年の私の研究によると、

  • 全長400mm、幅15mm。(今回の個体)
  • 青、紫、緑と見る角度によって色が違う。
  • 雨上がりや曇りの日によく出てくる。
  • 触ると意外と硬い。ハリがある。
  • さらに触ると汁を出す。
  • 両端、胴体から汁を出す。
  • 汁はベタベタする。
  • 汁の匂いは土の匂いがする。
  • その汁は毒だという噂。

ここいらでは「かんたろう」と呼ばれ親しまれています。

今年は「かんたろう」が出てこない。何か悪い予兆ではないだろうか?

LINEで送る
はてなブックマーク - ビッグ生物 その①
Pocket

コメントを残す