土佐大正駅リニューアル

こんにちは!

土佐大正駅の利活用を担当している西村です。

1か月ほど土佐大正駅構内に天井板を貼ったりと色々作業をしておりましたが、

ついに土佐大正駅リニューアル第一弾が完了しました!

勝手に第一弾と呼んでいるのは、恐らくまだもう少しだけ改装していくためです…

 

前回の投稿にて天井板を貼り終えた状態をお見せしましたが、何も手を付けていない時は写真のような状態でした…

 

 

しかし前回の天井板貼り付けをはじめ、ちまちまと約1か月間改装した結果…

木を基調とした温かい居心地の良い空間へと大変身しました!

元々改装後の駅のテーマとして

「長時間休めそうなおしゃれカフェ風」

を目指しておりましたので、カウンターテーブルやペンダントライトを設置してより休憩しやすい空間になったと思います(^^)

 

カウンターテーブルは地元の製材屋さんにお願いして材料を準備してもらい、

作り方を教わりながら自分でカウンターテーブルを作成しました!

※難しい作業はもちろん製材屋さんにお願いしてます…

天井の木材貼り付けから何かとDIYが続いてたので、インパクトドライバーの使い方に慣れてきたなと最近思います…

 

また、ペンダントライトは地元で最近独立し木工作家を始めた方の作品を購入し、

カウンターテーブルの上に2つ設置しました!

カウンターテーブルとペンダントライトを設置した駅の様子がこちらです↓

 

まさにおしゃれカフェ風!

な雰囲気になりました!!

地元の高校生が帰りの電車の時間まで休憩しながらカウンターテーブルを使っている様子を見かけると、

作った甲斐があったなあ…としみじみ思います…

 

他にも地元の電気屋さんに工事をお願いして駅構内の照明を変更したりと、

地元の色んな人に協力してもらってやっとこの形が出来上がりました…!

 

まずは休憩しやすい場所づくりを目標とした第一段のリニューアルが完了しましたので、

今度は人が集まるきっかけづくりを目標に引き続き土佐大正駅での活動を続けていきたいと思います!

 

 

この記事を書いた隊員

西村咲希
西村咲希
高知県で大学4年間を過ごし、その後、大阪・東京で5年間企業に勤務。そんな中、改めて自身の将来を考え、大好きな高知に戻ることを決意。自分が高知でできることを探すため、以前より興味を持っていた地域おこし協力隊を目指し、四万十町の協力隊員に応募。地域のために何ができるか考えながら活動中。
Pocket

コメントを残す