地域が抱える課題を地域の力で  地域が抱える課題を地域の力で
活動報告, 未分類

地域が抱える課題を地域の力で

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

唐突ではございますが、「集落活動センター」という言葉を聞かれた事がありますでしょうか?

特に高知県外の方には耳慣れない言葉だと思います。

「集落活動センター」とは、地域住民の皆さまが主体となって、地域外からの人材も受け入れながら、旧小学校や集会所などを拠点に、それぞれの地域の課題やニーズに応じて、生活、福祉、産業、防災といった様々な活動に総合的に取り組む仕組みです。私なりの解釈になりますが、もう少し解りやすく言うと、「廃校になった学校や施設を再活用し、そこに活動拠点を設け、地域の抱える課題を地域住民の力で地域を元気にしていこう。」といった感じでしょうか。やや抽象的な表現になってしまうのは、大きな枠組みはあっても抱える課題は地域で異なるため、活動の主体となるものが多種にわたるからなのです。

四万十町でも平成28年6月現在、2つの集落活動センターが活動しており、担当地区である「仁井田地区」では平成28年4月より開所し、週1回のお惣菜販売を主体とした活動がスタートしました。「自分たちの力で、出来る事から1歩ずつ」。課題に向けた取り組みは他にもたくさんありますが、重要な事は「持続できる仕組みづくり」であり、「地域の為に地域住民が楽しめる組織づくり」であり、無理は禁物です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仁井田集落活動センター「仁井田のりん家」は、毎週木曜日のお惣菜・お弁当販売と第2木曜日に

定食屋を行っております。是非1度、「仁井田の味」をご堪能下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「仁井田のりん家」:営業日=毎週木曜日 AM11:00~

住所:高知県高岡郡四万十町影野654番地 (旧影野保育所)  お問合せ先:0880-22-8230

 

LINEで送る
はてなブックマーク - 地域が抱える課題を地域の力で
Pocket

コメントを残す